どのプランを選びますか?海外留学の保険は比較検討を慎重に

安心して海外留学をするためには万全の下準備が必要です。中でも保険は欠かすことのできない必要アイテムのひとつではないでしょうか。しかし、留学生の数が増えるにつれて取り扱う内容も多岐に渡るようになり、会社もたくさんあります。ですからなるべく安く、そして自分が納得するような内容のものを選ぶためにはいくつかの会社のプランを比較することが重要なポイントとなります。
会社の比較もさることながら、プランの内容を検討することも大切な要素です。一般的には傷害や疾病、賠償責任の他に携行品等や救援者費用までサポ-トされたセットプランと、必須内容の他は自分で選ぶことができるフリ-プランがあります。留学先の治安や留学期間によって手厚くしたい内容も変わってくるので、慎重に選んでいくようにしましょう。

見落とせないキャッシュレス対応

どちらのプランを選ぶにしても、ここで大切なことは選びたいと思っている保険がキャッシュレス対応をしているかどうかという点です。キャッシュレス対応とは、病院にかかって治療費が発生した際に、その場で現金を支払うことなく対応してもらえるシステムです。キャッシュレス対応がされていないと、いったんその場で支払いが発生し帰国してから請求することになります。海外の病院は治療費が思いのほか高く、その場で払いきれないということがないとも限りません。また、帰国してからの会社への請求手続きも面倒だったりするのでできるならば避けたいところです。
数ある保険会社というくくりで比較するのならば、キャッシュレス対応の可否は見逃すことができない大きなポイントと言えるでしょう。

オリジナルプランを作るポイント

それから特にフリ-プランを選ぶ場合に見落としがちなのが、救援者費用です。救援者費用は海外留学をしている本人が急病になったり問題が起こり、家族を呼び寄せる必要が生じた時に、その費用をサポ-トするという内容です。万が一異国で病気になったりして、ひとりで対応できないということが起こるかもしれません。
そんな時、家族の航空運賃等が補償されていれば安心です。そういった点から救援者費用は、最低のラインでもかけておくことをおすすめします。
コストを安く抑えるならば、フリ-プランを選ぶと良いですが、留学先の事情や留学期間、滞在形態までを事前に頭に入れて吟味するようにしましょう。そのうえで、費用と補償内容を比べれば自分にぴったりのオリジナルプランができあがることでしょう。